読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

譲れないポイント

女子カメラ FUJIFILM LX100

デジカメにとって最も大切なのは画質。

さすがにこの点についてはまったく異論はないです。

が、すべての人が最新最高級のデジカメを選択出来るとは

限らないというか、身の丈にあった機種を購入します。

 

そんなわけで、せめてもの譲れないポイントは、

見た目。そうですデザインにはそれぞれ好みがあるので、

操作性や重さなども含めて相応しいかで決定します。

お家のカメラで一番のお気に入りは、

FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R です。

正面から見た時、型番とかロゴがないのがいいのです。

 

LUMIX DMC-LX100 は全力でロゴとLマーク付き、

それなら、Leica D-LUX (Typ109) の方がいいのですが、

この理由でプラス10万円はとっても厳しいです。

ここは手を抜かずに2台並べた画像を貼るのが正しいブログ

の在り方なんですけど、しばらくの間お待ちください。

(お急ぎの方は、lx100 x-pro1 のキーワードで画像検索)

 

両機種ともお持ちの方、もしくは触った事があれば、

違うメーカーが作ったカメラとは思えないほどそっくり

なので、いつかは購入する運命にあったのです。

ちなみにX-Pro1 に合せたので、LX100 も黒色です。

 

これに実焦点距離24mm(35mm判換算だと53mm)の

光学ファインダーを付けたら、完全にX-Pro1 になります。

さすがにそこまでやってしまうと、

とてつもない値段になってしまうので自粛ではなく、

たぶん需要がないので、悪ふざけはしないでバランス勝負です。

 

そうでなくてもこのカメラは、

hydrornis.hatenablog.com

の3要件を完全にクリアして、

個性のかたまりのような存在自体が際立った特徴です。