読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の女子カメラ

大混乱のLX100の連載、

昨日のエントリーは最後の章がおかしいですね。

正しくは、高画質の大き目センサーを使ったデジカメの中で

かなり現実な価格で購入可能な理想のカメラです。

 

実際には、最終価格の段階でも各社のエントリーセットより

少し高いぐらいで、採算度外視のデジカメなのです。

レンズ交換式デジカメはマウント資産として、

売り手と買い手の両方にとってメリットがあるので、

短期的に見れば入門機を作りやすいです。

 

カメラ文化というか長期的な視点で考えてみると、

簡単、きれい、低価格だけでは定着させることは難しいです。

LX100が最も素晴らしい点は、

誰が手にとってもわかりやすい操作が可能で、

シャッター速度と絞りを目に見えるダイヤルで調整する

カメラの基本的な楽しさを味わえます。

高級機であれば、プログラムシフトを駆使することも可能ですが、

たぶんどのタイミングで、どのダイヤルが機能するのか

完全に把握している人は非常に少ないです。

 

別に知らなくても綺麗な写真が撮れればOKなのだけど、

便利な時代だからこそ、こだわって自分らしく撮りたいのです。

スマホ人がデジカメを購入する目的の大切なポイントです。

もちろんスマホを圧倒する画質と機能も重要です。

 

他にも理由はいっぱいあるのだけど、

LX100は、カメラの楽しさをたくさん詰め込んである上に、

多少無理気味の自由設定でも結果を残してくれます。

失敗は恥ずかしいことではないと思いますが、

LUMIXは優しくフォローしてくれます。