読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイーツを撮ってみた

LX100

文字だらけの連載なので、

ちょっと疲れてきたというか読んでる方も大変です。

一応まだ練習中の段階なので、そこんとこよろしくお願いします。

f:id:Hydrornis:20170208000320j:plain

思いきり言い訳からスタートすると、

自宅ではないので、おしゃれなクロスとかを用意する時間もなく、

使い込まれたテーブルの傷までもしっかり写っています。

 

これで、ISO1000なので手持ちだとギリギリです。

広角端まで引いた画角なら、ISO200でも1/60秒が切れます。

F1.7の威力はやっぱりあると安心感があります。

FUJIFILMの場合、単焦点が主力なので、

ほぼ同じ条件で撮影出来ます。

 

許容感度はそれぞれですが、

LX100はこれでも気になる人は気になるかも?

このブログ的には、明るい室内はISO1600も全然OKです。

 

光源によって色合いはだいぶ変わって見えるので、

家庭用LEDシーリングライトは、自然光より地味な感じです。

おまかせiAだと、料理と認識すれば艶やかさを重視した表現になります。

ショートケーキ一個分が、この距離だとちょうど良い塩梅

奥までピントを合わせるのはかなり難しく、

真横に並べた場合は一段絞れば、問題なく写ります。

 

やっぱりLX100は普通のコンデジではなくて、

レンズ交換式のデジタルカメラと同等の扱いが必要です。

今回のような構図だと三脚なしの撮影は厳しいです。