読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凝縮された精密感

LX100は最高に良くできたおもちゃ箱(である)。

(誰かの名言ではなく、このブログが有名になったら引用してね)

コンパクトカメラは、もはや日本の伝統文化といっても

過言ではないほど熟成されているのですが、

この凝縮された精密感は、接触した者が皆呆れるほど異次元の緻密さです。

 

コンデジとしては十分にでかいのだけど、

全部本物で手抜きは一切なし!

この先、こんなに手間のかかったデジカメは出てこないかもです。

 

とても重要な操作はすべてスイッチかダイヤルに、

それぞれ単機能で割り当てています。

左手はレンズ、右手はカメラ機能の配置も相当のこだわりですが、

各スイッチ、特に絞りリングは異常なこだわりで、

A はロックボタンではなく、回転力の重さでコントロールされ、

マニュアル操作時のクリック感は高級マウス並みです。

好みもあるけど、XFレンズよりもいい感触です。

シャッタースピードダイヤルも同じくA は重くて角度があります。

 

この辺の操作系は縮小サイズにすると使いにくく感じるので、

露出補正ダイヤルも含めて、完璧に計算されたサイズです。

そのせいもあって、かなりキツキツの配置なのだけど、

どうしてもこの大きさじゃないとダメという、

LXの誇りというか美学を貫いています。

 

最高の技術の中にこそ、最高の美しさが存在するのは、

アスリートの世界だけに限った事ではなくて、

精密機器だって、当然極めればそれは輝いて見えるので、

工芸品としても立派に通用する、実在している美しい製品です。