読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からくりカメラ

LX100

美しい描写には、やはり美しい道具が不可欠です。

少々ごつくて強面のデザインなのだけど、

持つととっても小さく感じられ、

古き時代のからくり細工、

お茶を運ぶ人形を現代に蘇らせたような不思議な感覚です。

f:id:Hydrornis:20170211001908j:plain

もちろんたくさんあるデジカメの中には、

LX100よりも美しい作品を生み出す組み合わせはあるのだけど、

これは仕事の道具ではなくて、いっしょに楽しむ相棒です。

四角いカメラの魔力 + 最先端技術の融合です。

 

たぶん興味のない人には変な形のカメラなのですが、

趣味というのは、勝手に一人で盛り上がっても

他人に迷惑をかけたりはしないので、放っておいてくださいね。

そんな感じで、ツボにはまった特殊なカメラの分野です。

 

何日か前に、はじめてのデジカメにふさわしいのでは!

と書いたのですが、最初のカメラが皆これだったら、

世の中特別な志向の人だらけになってしまうので、

普通のカメラが売れなくなるかも知れないです。

 

上の画像はF2.0のマクロ領域なのでピントは緑の部分だけです。

そのままF5.6まで絞るとほぼ全体が被写界深度に入ります。

なので意外とコンデジ感覚でも使えると思うのですが、

当分の間このカメラは、Aではなく1.7(ズーム時も開放値)

を多用して、ボケを楽しむことになりそうです。

 

そんなわけで、LX5 の代替品になれないと思いますので、

早速、次を探さなくてはと考えると嬉しい大変な事になりそうです。