読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CANON EOS M6

デジカメ新製品 ミラーレス

今日は完全にキヤノンの日ですね。

f:id:Hydrornis:20170215181851j:plain

EOS M6 EF-M15-45 IS STM レンズキット が、

キタムラの初値で、¥104,490(税込)

一番立派な、EOS M6 EF-M18-150 IS STM レンズEVFキット 

だと、¥140,940 (税込) になっております。

 

本体のみ質量が、約343gで幅が約112.0mmなので、

最近の豪華なミラーレスの中では意外と小さい感じです。

全機デュアルピクセルCMOS AF搭載なので、

細かいところを見ると微妙に差をつけてありますが、

レンズの性能がそのまま画質になると思います。

 

シルバーが用意されたので、ぐっとカメラらしくなっています。

キヤノンの最大の強みは、純正のマウントアダプターで、

EFレンズの資産も活用できる部分もあるのだけど、

特に画角が変わることもないので、

この理由が購入動機になる人は少なそうです。

 

EF-Mレンズは、開放から破綻のないように設計されている

と考えると、望遠端F6.3も納得できるかというと、

やっぱ格下の設定に感じてしまいます。

この辺ピラミッド型の製品展開は、

上位機種とのバランスがどうしても難しくなります。

 

キヤノンのカメラは失敗しない安定感が魅力なのですが、

レンズ交換ができるカメラなので、

EF-Mレンズにも一本ぐらいは、大口径が欲しいところです。

XF35mmF1.4 R と、XF35mmF2 R WR の比較なら、

正直後発のコンパクトレンズの方が安定感があると思うけれど、

大口径F1.4単焦点レンズという響きだけでも、

かなりの満足感があります。

 

一眼レフカメラを売りたい気持ちはよくわかりますが、

「いままでのミラーレスに、満足しているか?」

Yes ! 相当に満足しているので、キャノン様もそろそろ本気出して

カメラ本体だけでなく、魅力的なレンズを期待しています。

普通に、EF-M 30mm F1.8 IS STM とか発売すれば、

確実に売れそうなのに不思議とすら感じます。