読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMC-LX100-S を選ばなかった理由

このブログは、見た目重視でカメラを選ぶので、

カラバリが用意されている機種の場合、

実物を必ず確認しています。

 

最近のカメラは黒ばっかりでカワイクないと思うタイプなので、

用意されているのなら、シルバーにしたかったのですが、

予想以上に尖った配色なので断念いたしました。

DMC-LX100-S をディスってるようなことはないですよ。

LUMIX DMC-LX シリーズは、LX5の時だけ選択肢がなかったのです。

LX3 も、LX7にも、特色がちゃんと用意されていて、

ホワイトはかなりいい感じで、人気もあったと思います。

 

LX100-S はコンデジ(レンズ一体型)なので、

合皮で色分けをすれば簡単に出来たような気もするのですが、

高級機は2色までの不思議な法則を厳守しているのです。

ライカ D-LUX のようにグリップがなければとても良かったのに!

panasonic.jp

その内見ることが出来なくなるコンテンツですが、

これをクルクル回してチェックをしていると、

グリップが見えない角度に限れば、相当に美しいです。

シルバー色特有の手抜き(ボタンとか黒のまま)はないし、

三角環は取り外して使えば問題ないです。

 

PENTAX KP のようにグリップ交換式にするとか、

そもそもコンデジなので、見かけはアルミニウム合金らしく

しておいて、実際に撮影するとレベルが違うギャップを楽しむとか

色んな方法があると思うのですが、

このブログですら、DMC-LX100-K の方を選んでいるので、

インパクトのあり過ぎる配色とデザインは、

限定モデルぐらいの扱いがちょうど良いみたいです。