読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PhotoDirector 6 Ultra

IT関連 このブログについて

それなりのお値段で購入可能なパッケージ版

本日の画像ソフトは、PhotoDirector 6 Ultra です。

 

CyberLink のソフトは、外付けディスクのおまけに付いてたりして

わりと身近にあるのですが、再生と書き込みは有名なのに、

単品での購入はあまりされないようで宣伝すごいです。

Media Suite が付いている場合は、大量のソフトがインストール

されるのですが、スペシャルバージョンが多くて難しいです。

 

PhotoDirector 6 製品版からLX100に対応しています。

Ultra シリーズは、7以降レイヤーも使えるようになったので、

機能的にはPhotoshopに追いついたといえます。

お仕事で使うためには四色分解が必要となる場面や、

業界標準じゃないと格好がつかないとか相手を困惑させる

ことも少しあるけれど、逆に考えるとお仕事モードが抜けないです。

 

純粋に使い勝手が良いので利用している人が多いのだけど、

速度面ではパソコンの性能が底上げされているので、

数枚の処理なら、どのソフトでもあまり変わらない水準にきています。

他社製ソフトを自在に操れる柔軟な思考があった方が楽しめます。

 

昨日のAfterShot Pro と同じく、

PhotoDirector も、WinとMacのハイブリット仕様です。

Mac だと、App Store からダウンロードが普通になっているので、

上位にランキングされないソフトは見向きもされない傾向

にあって事実上の独占状態になっています。

 

両対応のパッケージソフトは、

ハードルが低いので、お試しが容易なのがいいです。

無料に慣れきってしまうと、ビジネスモデルに組み込まれてしまい

ソフトウエアの価値を誤って判断する場合があります。

そこまで考えて使ってる訳ではないのですが、

変な奴、変わり者は、

他者にはない特徴を有しているということなので、

このブログでは完全に褒め言葉です。