読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試されるカメラ

そんなわけで、通常時の持ち出しカメラは、

現在のところお家の最新カメラである

LUMIX DMC-LX100 です。

 

FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R が、

約650gなので、かなりの軽量化になっています。

どっちも異彩を放つ雰囲気を醸し出しているので目立つのですが、

カメラ好きが伝わるのでわかりやすいです。

 

PENTAX KP のISO819200 とか、

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO の、

世界最強6.5段手ブレ補正技術がコンデジまで浸透する可能性は、

たぶんこの先は当分ないと思われるので、

この辺が程良い感じでいいです。

 

XF35mmF1.4 R 装着時は、シャッター速度下限設定が1/60秒です。

これでも手ブレ頻発なので、室内では3連射にしています。

LX100 の方は1/8秒まで持ちこたえられるので、

スナップはやっぱり手ブレ補正があった方が便利です。

 

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS の手ブレ補正は強力なのですが、

最望遠端のぎりぎりは、やはり1/60秒ぐらいだと思います。

Xシリーズ特に第一世代は、カメラに試されているみたいです。

上手く説明できないのだけれど、雑に扱うとそのまま結果に反映する

みたいな感じです。逆にちゃんと丁寧に撮影すれば応えてくれる

カメラなので、会心のショットは身震いするほど素敵です。

 

それぞれに違う役割があるので、

普段持ち歩くカメラが必ずしも最愛カメラとはいえないです。