読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone SE 128GB

スマホ

iPadだけではなく、

iPhoneも幾つか変更されています。

紅のiPhone7は、「(PRODUCT)RED Special Edition」

モデルなので、他機種よりも少し高いぐらいでいいのですが、

謎なのは、iPhone SE の方です。

 

Apple Store の販売は容量二倍で据え置き価格です。

SE 128GB は、55,800円なので、税込だと60,264円です。

この値段はiPhoneの事実上の希望小売価格です。

 

驚いたのは、Y!mobile の取り扱い商品の方で、

現金販売価格/支払総額が、 78,300円になってることです。

幾らで売るのかは、販売者が決めるのが原則なので、

これが特別に高すぎるわけではないのですが、

値下げにはあれほどうるさく指導しているのに、

何だか不思議な感じですね。

 

Y!mobile は、2年縛りがあるので、

格安SIM系ではなく、第2のソフトバンクです。

実店舗で対面契約をする形態なので、

それなりのコストが増えるのは理解できるのですが、

段々とシンプルな料金体系から離れて複雑になっています。

 

スマホの購入は人生で最初の試練となる人も多いので、

単純にApple Store で購入が正解とは限らないです。

ただせっかく最初からわかりやすい契約が普及してきたのに、

再びまたカオスの世界に逆戻りするのは理解し難いです。

 

水は必ず低い方に流れていくのだけど、

巨大なダムがあると、その高さを越えるまでは、

上昇し続けるので、状況を判断して下流に放出するのですが、

調整が上手くいかないと大変なことになりかねないです。

これを主導しているのは誰なのかを考えると、

意外な答えが見つかるかもです。