読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新ファームウェアの公開(を予告)

FUJIFILM

富士フイルムのダブルフラッグシップ

「FUJIFILM X-Pro2」と「FUJIFILM X-T2」の性能アップです。

fujifilm.jp

現行品だと、「FUJIFILM X-T20」が標準機、

「FUJIFILM X-A3」がエントリー機のミニマム構成ですが、

わずか1年で全機種を新しく揃えたのはすごいです。

 

後発のX-T20(二桁機)は、完成された状態で出荷されるので、

安心なのですが、フラッグシップらしく素早く追い抜いています。

各項目は地味なのですが、富士フイルムに特有のくせを

改善して他社からの移行を容易にしています。

 

まだ追いかける側なので、機動力が半端ないです。

完成されたプラットホームでなく、みんなで創りあげていく感が

あるので、とても所有する事が誇らしいです。

 

注目は、28番の無線通信によるPCリモート撮影かな。

これなぜか今まで出来なかったのが不思議なほどの機能で、

有線式はあっても、無線はスマホだけの場合が多いです。

フラッグシップにはふさわしいと思います。

 

後はいかにしてこれ以上重くならないかを考える時期で、

性能要求にくらべてこの要望は意外と難しいです。

ダブルフラッグシップの価値は、

性能と熟成の両方を追求する体制を築くことで、

箱型カメラはゆっくりと完成度を上げることに集中出来ます。