読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKON D7500 の再評価

一昨日、NIKON D7500 について感想を書いたのだけど、

まだ発売もされてない機種に対してあまりにも失礼だったので、

今日は全力でフォローしてみます。

hydrornis.hatenablog.com

まず最初に、ニコンに対する愛情がかけていました。

一応今も現役で使っているメーカーなので、

期待してる分だけ厳しい意見になってしまったのですが、

狭角過ぎて双眼鏡ファンとしても恥ずかしいです。

 

最も重要な視点は、今時「全部入り」の機種を望むのは贅沢過ぎるので、

過剰な部分を削ぎ落とした潔さを、称えなくてはならないです。

これは予想以上に簡単な作業ではないと思います。

 

ストラップが外れる可能性は0に近いです。

メモリカードがひとつでどうしても困った事もないです。

これ以上書くとわざと言ってるみたいになるので、

やめておきますが、D7500 が最初のカメラになる人にとっては、

過去と比較をする意味がほとんどないのです。

 

ニコンは少し不器用なところがあるので、

マーケティング(特に報道資料)が純粋過ぎるのです。

大企業なので褒められるところではないですが、

それ故にニコンファンのロイヤリティは高いのです。

この時代に使ってみればわかるはず!

の機種をリリース出来る会社は他にないです。