読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の NIKON D7500 ?

NIKON D7500は、D7200の後継機と考えると、

色々と不満な点が浮かび上がるのですが、

D500 の限定モデルだと思えば、

結構理想の鳥撮カメラに近づく方向に進化しています。

 

このブログでもどっかで書いているはずですが、

画面全体をカバーする測距点とかよりも、

とんでもなく精度の高い中央一点システムが欲しいです。

そもそも一眼レフカメラなので、

見え味の鋭い光学ファインダーがあれば、

液晶モニタとかなくてもいいです。

 

残念に思うのは、スペック値とはいえここの数値がD500から

一歩後退してしまったので、ショックを受けたのです。

一眼レフとしてゆずれないポイントはここです。

 

NIKON D7500が発売され、もし販売が芳しくない状況であれば、

覚悟を決めて一眼レフの原点について探究した方がいいです。

ミラーレスにないもので勝負しなくては、

到底これからの開発競争の中で輝く確率は低いです。

 

世の中みんなが光学ファンではないのですが、

これからはすべての人に受け入れられるデジカメよりも、

尖った個性があった方が、後々売れると思います。

このブログ的には、EOS KISS X7 のペンタプリズム仕様なら

十分過ぎるほど魅力的に感じられるのだけど、

それ普通に、EOS 6D が近いかもです。

 

最上位機種は技術がないと作れないのですが、

一定数は売れてもそれ以上多くの人たちはついていけないです。

最大のボリュームが期待できる機種は限られているので、

実はメーカーの人が一番良くわかっているのです。