読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONYらしさ

ソニーの製品はソニーらしく、

ソニーっぽいほど良く売れる製品になります。

今この時代にのんびりしている感じもするのだけど、

だからこそ今ここでらしさが必要なのです。

 

単純にいえば、これがブランドというものです。

ブランド価値に縛られると自由な発想が難しくなりますが、

ここは技術うんぬんではなく、ソニー製品に対する愛情

がにじみ出ているモノは愛されやすいのです。

 

お客が買いたいと思うのは、

SONYらしさが確実に伝わる商品です。

超ピンポイントで具体的に言葉で説明するのなら、

他社の製品よりも25%高くても選ばれるモノ

であって、その理由がはっきりとわかる技術が必要です。

 

同等品が同じ価格で売られているのならば、

SONYがお買い得に感じる製品を作ることが仕事です。

ソニーが一時期低迷していた理由はまさにこの部分なのです。

まったく同じ商品をソニー価格では売れない現実に気づいたのです。

 

会社が大きくなり過ぎると、こんな簡単な仕組みを

理解できなくなったりするのです。

外注のエンジニアの協力やアナリストの分析も必要なのですが、

一番大切なことを人任せにしては出来るはずもないです。

SONYのビジネスモデルは極めてわかりやすいです。

 

わかりやすいけど他社には絶対マネが出来ない!

言うのは簡単だけど、実際には想像もつかない難問です。

でもそれをやってきたのがソニーという会社です。

当然期待して(されて)います。

その期待を遥かに超えてくれると嬉しいです。