読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好みの色彩

FUJIFILM 鳥さん

バードウォッチャーには色んなタイプの人がいます。

自然を直接肌で感じることができる場所に

生まれて育った人にとっては、

鳥を見て何が楽しいとの? いう人もいれば、

大地の恵みをとても良く理解している人もいます。

 

都会生まれの都会育ちなので、

当たり前のことに気が付くまでの時間が必要なのです。

何をはじめるのにも、遅すぎるということは決してないので、

ある日突然、自分の目で見る楽しさに目覚めます。

 

その後は、国内だけでは難度が上昇するので、

希少種を求めて、海外遠征をするようになります。

何というか、典型的なウォッチャーです。

とてもわかりやすいタイプなので、

極彩色の艶やかな鳥類を好むようになっていくのです。

 

この傾向は、カメラについてもまったく同じで、

メリハリのある階調や色彩に憧れてそれを追求します。

今でもよく、レベル補正やアンシャープマスクを

かけようとすることが多いのですが、

富士フイルムのミラーレス機で撮影したものに関しては、

補正系のアクションを使う機会は非常に少ないです。

 

これはたぶん、フィルムシミュレーションのおかげです。

購入した当初の頃は、たくさんのモードを使っていたのですが、

慣れてしまったせいもあるけど、X-E1に限れば、

ASTIAが完全に標準となっているからです。

 

軟らか系に好みが変わったのとはちょっと違います。

最初からちょっと不思議に思っていたのですが、

ASTIAは、色こそ控えめに抑えられている雰囲気だけど、

薄皮一枚剥がしたように、わずかに明るい表情を見せるのです。

かなり無理やりな表現だと、

色とびを抑えるためにマイナス補正をしたのに、

明るさ自体はむしろプラスの方向といった感じでしょうか。

 

人によって印象は違って見えるのかも知れないけど、

この思い込みが嗜好品の大事な部分なのです。