読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメの販売価格

今年の8月、9月のデジカメ価格

特にレンズ交換式の売価変動はすごかったです。

常に最新機種にしか興味のない人にとっては

無事に後継機種が発表されたので、

全体が底上げされたようにしか見えないのですが、

周回遅れをターゲットにして注目していると、

例年にはないほど難しい値動きです。

 

デジタルカメラの製造メーカーは日本の会社がほとんどです。

国内だけで販売をしているのならば、

こんなに複雑なことにはならないと思うのですが、

それでも二極化が激しく進行しているので、

低価格ゾーンの追加は、少なくなっている感じです。

 

2,3年前に発売された機種の販売が継続され、

実際ランキングの上位を独占です。

以前なら、そのまま販売が終了するはずだったのが、

エントリー機として残されるために

上位機とのバランスをとって

価格が改定されます。

 

最安競争をやっているショップは別として、

実質の定価に近いヨドバシとかでも、

日々変動を繰り返します。

売価の決定をどこがするのかはわからないけど、

これが最近のデジカメの傾向です。