読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ACDSee Pro

IT関連 スマホ

iPhone用の画像ソフトは星数ぐらいあるのだけど、

現在もっとも使っているのは、

ACDSee Pro だと思います。

 

iPhoneの場合、一番数が多いのがカメラソフト

撮る段階でアプリを選びます。

そんでもって次が、レタッチソフト

単機能のお手軽ソフトから本格的なものまでたくさんあります。

Raw現像用のソフトもちゃんと用意されています。

 

ACDSee は、もともと画像ビューワなので、

純正の写真アプリがかなり高機能だから別途用意する人は

少ないと思いますが、初期状態でメタデータが表示されるのが良く

画面が綺麗なので、確認用にはぴったりのソフトです。

 

PC用のACDSee は、今はウィンドウズ用がパッケージ販売されています。

AfterShot Pro や、PhotoDirector Ultra のようなハイブリッドはなく、

あえて画像ビューワを必要とする人は少数派なので、

PCアプリ版は、ACDSee Ultimate だけに

Raw現像とレイヤー機能が搭載されています。

 

最上位版はさすがにちょっと高いので、かなりのACDSeeファン

が使うのだと思います。このブログ的には、

AfterShot Pro = Raw現像ソフト

PhotoDirector Ultra = レタッチソフト

ACDSee = 画像ビューワなので、

英語版に完全に追いついて永続ライセンスぐらいじゃないと、

購入に踏み切るのは難しいと思います。