読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料金の見える化

スマホ

昨日までのまとめ書き分を読んで、

かなり濃過ぎる部分については省略しています。

そんなわけで、より簡略にすると、

スマホ購入時確定2年分先取り価格は、

一台あたり、10万円以上します。

 

初期追加周辺機器に実際に支払った金額は、

約5万円です。普通こんなに端末以外にかける人は

いないと思いますが、端末の機能だけを使いこむ

立派なスマホ使いにはなれそうにもないので、

色々な機器と連携しながら楽しむためです。

 

アイポンの価値が幾らぐらいなのか難しいけど、

3段に変化する無金利25回の分割支払方式なので、

現時点でもまだ、第1回目の引き落としがないです。

お買いもの上手な人は、違った買い方もあるかと思いますが、

たぶんスマホの購入をするほとんど人は、

通信会社の支払に関しては同等程度の、

2年間で10万円以上になるローンだと思います。

 

もちろんほとんど人はそのことを理解していて、

それだけの値段に見合った価値を見出しているので、

購入を判断するのですが、デジカメを買うのとはだいぶ違い、

最終的に幾ら支払うことになるのか、

良く考えると安心できます。

 

ていうか、使用料金がいくら安くなるのかが重要なのではなくて、

結局、全部でいくら支払うことになるのかが知りたいのです。

購入(もしくは乗り換え)時の資料(契約書)として、

書類を3枚ほど用意して、

1枚目は、サービス内容と共に2年総額を表示、

第1回目の締め日と引落し日と確定分の請求額を明記。

2枚目は、2~13ヵ月目の確定分と追加料金が発生する一覧、

左側2列は、日付と確定目安額が入った表計算シート。

3枚目は、14~25ヵ月目についての同等の記載を、

とにかくスマホを購入する時点で、

2年間で最低いくら支払うのかについては、

きちんと提示すればわかりやすいです。

 

追加料金がまったく発生しない契約条件は、

どのプランを選んでも、完全に0にはできないと思います。

(もちろん、機能を使わなければ追加は発生しない。)

税率や料金改定などで料金が下がることはまずありえないので、

購入時に確定している分は、見える化しておくことが、

どう考えても必要であると思われます。

 

有識者がこんな簡単なことに気が付かないはずはないので、

諮問委員会は、価格競争に直接口を挟むのではなく、

お値段が良くわかるように資料の明示を

販売者に指導すればいいのです。

その後、利用料が実体経済とかけ離れているなら、

その部分を是正するようにするのが正しい役目に思えます。