読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carnivor

ワイン 雑談

今年のクリスマスわいんは、

肉専用黒ワインカーニヴォになりました。

Cahors (AOC)と、色合いは似ているのですが、

エレガントなマルベックとは味わいはかなり異なります。

 

いかにもカリフォルニアのワイルドな感じです。

ポイントは、肉料理と相性がいいとかスマートな雰囲気はなく

血の滴るような直火焼きの肉の塊が似合っています。

 

そんなわけで、調理が難しそうな棒状のアメリカビーフで、

かなーり時間をかけて試してみました。

念のための保険として、切ってあるタイプも時間差で焼きます。

単品で味わうと、骨格のしっかりしたフルボディです。

このワインが肉専用を明記してあるのは、

複雑なスパイスを感じる部分です。

 

普通の牛肉だとワインがかなり強過ぎる印象

卓上のフォークとナイフでは太刀打ちできないような

肉の塊だとホントに良くマッチ致します。

中央部には塩やコショウの味が染み込まないので、

カーニヴォがスパイスの役目を果たします。

この感覚はとても面白いです。

 

お肉の産地、例えばオーストラリアとかを思いだします。

一応フォローしておくと、日本で売ってるオージービーフは、

輸出品なので、とても食べやすくなっています。

現地価格で提供されるビーフステーキは、

肉との戦いを余儀なくさせるので、

このワインがあったらさぞ楽しめると思うぐらい

強烈な個性のあるワインです。

 

お家のワイン消費量は、

一週間で、2,3本が限界なので、

このペースだと、日本ワインのお試しは、

まだまだ先になりそうです。