読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XFレンズのお値段

FUJIFILM お買いもの

今さら気がついたのですが、

富士フイルムのXF交換レンズ群は、

希望小売価格が設定されるようになっています。

 

これと、キャッシュバックキャンペーンが同時進行だったので、

一時期ものすごく高価に感じられたのですが、

年末になって、価格が下がっています。

XFレンズは極端に安い製品は存在しないのですが、

基本となるレンズ群と、ワンランク上のレンズ群の価格差が

あまりないので、X-Pro2やX-T2を今買える人ならば、

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR 以外は、

本体よりも価格が安いので、

購入しやすいというか集めやすいです。

 

キヤノンだと主力はほとんどが、Lレンズになっているので、

エントリーユーザはまったく手が届かない価格です。

その価値がある人が購入すればいいので、

何の問題もないのですが、

折角同マウントのカメラを使っているのに、

最初のセット以外は、レンズキット一式が何台も買えるお値段なので、

ステップアップ作戦がつかえないです。

実機が世の中にたくさん出荷されれば知名度は上がりますが、

格差が広がり過ぎると頂上戦略にはあまりならないです。

 

富士フイルムは、シェアNo.1を目指してはいないので、

カメラ事業は二大巨頭を切り崩していく狙いです。

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS は今でもセットですが、

かなりリッチで安物感はまるで感じさせないです。

実際お家のレンズでは最高の歩留まりです。

  • XF16-55mmF2.8 R LM WR
  • XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
  • XF10-24mmF4 R OIS

にしても、数万円アップで購入可能です。

XFレンズの場合、ズームは便利よりも手ブレ補正が重要です。

たぶん多くのXシリーズユーザは、

単焦点好きが多いので、

やっぱり大口径を使いたいと考えると、

十分に手が届く範囲に他社ではありえない価格で

提供されているので、高価なズームよりも

段階を踏んだステップアップが容易に出来ます。