読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンズの魔力

FUJIFILM カメラ

主だったカメラ販売サイトをみると、

コンパクトデジカメよりレンズ交換式の方が、

アイテム数が多いです。

レンズ交換式の場合、セット構成でSKUが変わるので、

そう感じるだけと思われるのですが、

コンデジも色違いが多いです。

 

値段が違うので、台数的にはまだ逆転してないとは思いますが、

販売金額比率ならば、圧倒的にレンズ交換式が主流です。

レンズ一体式のデジカメは、まるごと交換か追加を

していくのですが、レンズ交換式のデジカメは、

最初の一台の影響が大きいというか、

マウント縛りがあるので、あまり浮気をしないです。

最もロイヤリティが高いのはおそらくニコンだと思います。

 

システム一式を交換するのは効率が悪いので、

10万円超級のレンズを持ってしまうと、

なかなか他社にはいけないのです。

デジ一眼も出始めのころは、

センサーなどのデジタル部の進化が激しく、

一眼レフでも毎年後継機種が発売されていたのですが、

最近はエントリー機ほど数年前のモデルが継続して売っています。

そんなわけで、ダブルズームキットなどの定番機種は、

高級コンパクトよりも安くなってしまい、

これならちょっと使ってみようかと思ってしまいます。

 

ミラーレスは一眼レフよりもコストでは有利で、

実際に使ってみて、画質的には同等かそれ以上もあるので、

元々ファインダーを使わない人には違和感がないです。

このブログをはじめた頃は、

ちょうど、FUJIFILM X-A1 ダブルズームが4万円とかだったので、

APS-Cサイズは、高級カメラの感覚が薄れていました。

 

このブログは、X-E1からお試しをしたので、

撮影された画質、全体の質量、デザインや価格までも

新時代の感覚でホントにびっくりしました。

その後まもなく2台体制になりレンズも増えました。

 

ミラーレスは交換レンズも小さいので、

そのおかげもあって、大口径に手が届くのです。

X-Pro1 + XF35mmF1.4 R では、早くも2周遅れなので、

あまり歩留まりが良い組み合わせではないけど、

写真を撮る楽しさは格別です。

 

ハレ切り、絞り込み、手ブレをしない速度...。

カメラの基本をちゃんと守らないと綺麗な画像を得ることが

出来ないように設計されているというか、

さすが富士フイルムです。

 

X-T10 以降の機種ならフルオートが可能ですが、

確実に失敗をしたくないなら、手ブレ補正付きのズームを

使った方がより確実です。

たぶん似たような局面ならXF35mmF2 R WR 

の方が良像率はアップすると思います。

 

それでもこの先追加をするなら、

  • XF56mmF1.2 R
  • XF90mmF2 R LM WR

のような尖ったレンズを選ぶと思います。

最新の技術で、最高に懐かしい写真を撮りたいのです。