読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後の隠し玉

連休中は撮影に忙しいので、

デジカメ新製品情報の発表はほどんどないです。

デジタル製品は年々数が減って寂しいです。

 

やはり世界最大の市場は北米なので、

注目の商品は年後半のタイミングがどうしても多いです。

そんな時は噂サイトをチェックするのですが、

主要のデジカメ情報は、基本的に既存製品の後継機になります。

 

それだけ熟成されているとも考えられるのですが、

思ってもみなかった画期的な発明品はなかなか登場しないです。

最も考えもつかない商品のウワサは当然できないのだけど。

近年、最もびっくりしたデジカメは、

hydrornis.hatenablog.com

Nikon COOLPIX P900 かもです。

COOLPIX P610 が発売後、時間を置かずに発表され、

半年以上に渡って入手困難が続いた発明品です。

後継機の検討はしていると思いますが、

3000mm = 125倍ズーム は、実焦点距離500mm越えになります。

コスト度外視で製造するわけにもいかないので、

10万円以下、1kg以下をクリアして前機を越える画質を

求められると簡単にはゴーサインは出せないです。

 

それでも100周年記念の最後の隠し玉として、

全力で頑張っていると期待しています。