読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikon 8x30E II

30mm双眼鏡

30mm級ポロプリズム双眼鏡の部門

最初に登場するのは、Nikon 8×30E II です。

既に、2015-01-19 - Hydrornisの日記で紹介していますが、

リストに載せてしまったので、別の視点から再び挑戦です。

 

バードウォッチャー、さらには双眼鏡が好きな人なら

この双眼鏡のことを悪くいう人はたぶんいないと思います。

防水じゃないとか、アイレリーフが13.8mmにも触れていますが、

そんなことは、8×30E II の素晴らしい特性とくらべたら

全然些細のことです。30mm級だけではなく現行で販売されている

双眼鏡の中で最も成熟度が高く、多くの人を惹きつける魅力があります。

 

この商品にたった一つだけある禁断のウィークポイントを書いちゃいます

それは、既に販売終了となっているので、今では購入できませんが、

Nikon | ニュース | 「ニコン双眼鏡 8×32SE・CF」を3月12日発売

という製品が売られていて、同社の格付けではそちらの方がハイグレードで

そんな複雑な事情もあり、今でも8×30E II はスタンダードに分類されています。

 

本当にどうでもいいことですけどね。

実際に両者を見くらべてみても、はっきり違いがわかるとは思えないし、

特長も異なるので、8×30E II の方が断然良いと感じるかもしれません。

両方とも持っている人はいいのですが、8×30E II だけを所有の場合

製品名に「S」が付いている8×32SE の存在がとても気になるのです。

 

前回、100th Anniversary に相応しいと書いている最大の理由はここです。

8×30 でも、8×32 でもいいので、ちゃんと8×32SE を超えた証を名称にして

ほしいわけですよ。8×30E Special Edition では当然いけません。

Super Excellent であって、EDG双眼鏡シリーズと同等以上の光学性能で

ポロプリズム双眼鏡の頂点を極めてくれないと、(しかも購入可能なお値段)

8×30E II ユーザーは納得できないので、かなりハードルは高いですが、

NIKON様ならばきっとやってくれるはずです。願いはかならず届きます。