読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CANON 10×30 IS

手ブレ補正を最重視する30mm双眼鏡なら部門

これも1機種だけですが、本日の紹介する双眼鏡は、

CANON 10×30 IS です。

サイトを見てみると、非常に多くのご注文を頂いており...

とあるので、既に発注している人はやきもきしてることでしょう。

CANON 12×36 IS II もお取り寄せになっていて買えません。

42mmや50mmは、在庫があるのですが、10万円超級になります。

 

CANON 10×30 IS の、販売開始日は1997/09/14 となっています。

EF300mm F4L IS USM と同じ年なので相当に古くからあって、

今もなお売れ続けているのなら、とてもすごいことですね。

この双眼鏡、実は最初の頃は全く売れなかったのです。

登場が早すぎたのか、大口径の方はある程度捌けたのですが、

10×30 IS は予想を相当に下回ってしまい、かなり大安売りして

定価の半額以下で販売されていた記録が各所に残っています。

 

そんなこともあって、今更急に増産することもできなくて

オーダーを抱えたままとても悩ましい状態にあるのかもしれません。

いっその事、新製品を出してしまい受注分は代替する覚悟ならば

一気に事は解決ですが、その後も売れ続ける確証はないので、

決断できないまま苦しんでいるのだとしたら、前に進んでほしいです。

 

キヤノンさまへのお願い - Hydrornisの日記 でも書いた通り、

この市場はとてつもない可能性があって、世界中から賞賛される

企業として、イメージ戦略と考えれば、安価すぎるぐらい名誉ある

事業になるはずです。目標とする営業利益にはすぐには現れない

予測もできるけど、そうだとしても企業価値は飛躍的に上昇します。

 

ああ、またやってしまいました。

CANON 10×30 IS は、当時としては最新の手振れ補正技術を

いち早く搭載したこともあって、外装とかにはあまりコストを

かけられず、耐久財としては他の双眼鏡とくらべると見劣りします。

でも見え方は、ISがoffの状態でもかなり高い水準で見えます。

ISがONの状態なら他を寄せ付けないぐらいの視認性で圧倒的です。

 

この双眼鏡は登場が早すぎたのです。双眼鏡売り場に展示ではなく

一眼レフと並べたら、どんな高級機のファインダーよりも鮮明に見え

店内で見ても、その実力は一目瞭然です。発売当時はデジタル一眼すら

なかった状況なので、くらべる対象がなかったことが原因なのです。

 

残念ながら、今この双眼鏡を購入することは難しい状況ですが、

販売終了したわけではないので、手に入れることはできます。

でも多分きっと、あっと驚く新商品が近いうちに登場するでしょう。

趣味性の高い付加価値商品でなく、実用的でシンプルな商品であれば

将来のビジョンが明確なので、今度こそたくさん売れると思います。

もちろんその時には、予約して初日に買わせていただきます。