読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SWAROVSKI EL8.5×42 SWAROVISION

40mm級双眼鏡の最後の紹介機種は、

SWAROVSKI EL8.5×42 SWAROVISION です。

次回に紹介予定の、FUJINON 10×50 FMTR-SX は、

特別出演の無差別級ですから、別枠です。 

 

昨日、CANON 10X42L IS WP を、

世界で一番良く見える双眼鏡と言ってしまったので、

説明するのが難しいけど、例えば一定の条件で、

特定の星座の中に幾つ微光星があるかを数えるような

評価をするとしたら、CANON 10X42L IS WP が

優位であると思われます。

 

でもそのようなコンテストは存在しないし、

あったとしても、双眼鏡に順位をつけることに

あまり意味はなくて、それぞれの嗜好にまかせた方が

色々な性格の双眼鏡が生まれてくるので楽しいです。

 

それでも、世界最高峰の双眼鏡がどんなものなのか

興味があることも事実です。今回のSWAROVISIONを

紹介する理由について少しだけ説明することにします。

 

双眼鏡といったら、まずはやっぱりZEISSです。

Zeiss VICTORY HT 8×42 ¥257,950

憧れますよね。

 

せっかく日本に住んでいるのだから、NIKONでしょ。

NIKON EDG 8×42 ¥165,110

安心感があります。

 

この他にも素晴らしい見え方の双眼鏡はありますけど、

上記の2種は、特別で王者のポジションの双眼鏡です。

それを販売する世界有数の企業すら意識せずにはいられない

双眼鏡が、SWAROVSKI EL8.5×42 SWAROVISION なのです。

 

NIKONは、現在のEDG双眼鏡の前に北米向けで、

ブリッジタイプの双眼鏡を販売していました。

ZEISSも、次期主力の一角に、VICTORY SF を

用意しています。やはり、ブリッジタイプです。

 

良いものを積極的に採用していく姿勢は素晴らしく

健全な競い合いをしていくことは大歓迎ですよね。

でも双眼鏡ファンは、そこにSWAROVSKI の姿を

どうしても重ねてしまうのです。オリジナルがどれか

とかではなくて、より光学的性能も際立つことになります。

 

くもりなきまなこでものごとをみさだめきめる???

双眼鏡界の3大もののけは、迷い込ませる気なのか…です。

見え方の違い語るよりも、魔力の強さをおしはかる感じです。

違いがわからないのではありません。違い過ぎるほどです。

それぞれの見え方の違いを言葉で説明しようとすると、

詩の朗読のようになって、上手く伝わらないと思います。

ここまで引っ張っておいて大変申し訳ないのですが、

興味と覚悟がある方は、ぜひ本物をその目で確かめてください。

 

昨年のJBFは、土曜が雨だったので、日曜は混んでたのですが、

最後まで粘ったおかげで、日差しが傾く条件でも堪能できました。

SWAROVSKI も他社と同様、頂点をも超えようと進化し続けてしており

SWAROVISION は先代のEL8.5×42 との比較で光学性能が確実にアップ

していると思います。これはもう完全に思い込みの領域なのですけど、

はじめて見た時に感じた、眩いぐらいの魔法の力は減少したような

気もします。人間は完璧なものに憧れはするけど、まるで欠点のない

ものを愛することは出来ません。そういう孤高の境地でしょうか。