読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APS-Cサイズ 1630万画素

今日はこのブログのもう一つの主役で

登場以来、ずーっと二番目に見られているミラーレスカメラ

FUJIFILM X-A1 & X-A2 です。なんかとっても久々ですね。

 

週末にキタムラで見たら、ダブルズームレンズキットが

63,800円 - 6,000円 = 57,800円 になっていたので、

連休前のセールで、かなり頑張ってると思っていたら

今見る限りでは、割引後が64,700円 になっていました。

 

ネット価格は一斉に変更されるので、実売は良くわからない

のですが、このクラスの商品で10%も上昇してしまうと、

売る方も、買う方も、かなり困惑してしまいますよね。

 

5月中に、FUJIFILM X-T10が発表されるかも、

といった噂も飛び交うようになっているので

価格調整の事情もあるのかも知れませんが

FUJIFILM X-T,X-E,X-M,X-A のポジショニングは

かなり難しそうなので、ちょっと心配ですね。

 

FUJIFILM X-A1 が欲しい人はみんな買ってしまった

可能性も高く、Xシリーズの良さを知ってもらうために

割り切って販売している価格だったので、このままだと

国内では厳しく、どこかの国で売れるといいのですが

ボディ + ズームレンズ2本 < 単焦点レンズの認識は

変わらないから、他社のビジネスモデルと同じような

方法では、数年後に生き残ることはかなり困難かも。

 

X-Pro1 の発売から、APS-Cサイズ 1630万画素にこだわって

ようやく高級なレンズ群も揃ってきて、これからという時期に

足元がぐらつくと、上位のモデルにも影響が懸念されます。

 

ホントは、FUJIFILM X-A2 がもう5万円台なので、

連休中なら、XM-FL もオマケで付いてくるのでいいかも

みたいなことを書く予定だったのですが、

急遽変更しなければならない事態となって残念です。

 

お値段のことなど気にせず、好きな時に買えればいいけど

デジタル製品はこれまで下降することはあっても上昇は

極めて異例の出来事なので、どんなに景気が回復してると

いわれても、いきなり対応することは簡単ではないので、

特にエントリーモデルは、価格に敏感なことをわかってる

はずだから、少しだけびっくりしたのが素直な感想です。

 

ついでに、PowerShot SX60 HS も上昇に転じました。

Nikon COOLPIX P900 の登場で、すぐに新機種は出せず

価格で対抗なのかと思っていたら、少し違いました。

これはいかにも、Canonらしいです。数量が多少減っても

在庫をコントロールして機会をうかがう仕組みがあって

挑発には決してのらないのが、Canon流なのでしょう。

 

Canonはすでに100倍ズームを製品化することが可能です。

でもきっと、それを慌ててやらなくても、一定数は売れるし

新しく発売するからには、先発を凌駕するものでなければ

意味がないこと知っています。なのでもし出すとすれば、

SXの3ケタシリーズに、小型映像素子の24-2400mmを作り

倍率競争はそちらでやってでも、PowerShot SX60 HS の

後継機は、万全を期して発表してくるものと考えられます。

 

Canonがやらなくても、いずれ近い内に他社からも100倍

ズームが発売されることは間違いなくて、でもそれは必ずしも

現在のデジカメの様な形とは限らず、ビデオカメラのような

形態かもしれません。Canonが重さ1kgのコンデジを作るのは

あまり現実的ではなく、自らが販売した新機種が同社の他製品

のシェアを奪うようなことを、Canonは絶対にしないと思うので、

どんなジャンルを牽引していくのか、今から楽しみにしています。