読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon MasterCardゴールド

Amazon

Amazon.co.jp の公式クレジットカードは、

実質年会費無料のクラシックと、

Amazon Prime 自動付帯のゴールドが選べます。

 

アマゾンに限らず、ネットショッピングをする際には、

既に、何らかのカードを使用していると思います。

なので、クラシックを新しく作る必要性はあまりないです。

Amazon MasterCardゴールドは、

プライム会員に自動的になれる特典だけなのですが、

初年度年会費が5,400円、翌年度より4,320円になります。

「Amazonプライム」の年会費 3,900円(税込)を考えると、

その差は420円です。

 

カードの発行は、三井住友カード株式会社なので、

リワードが、Amazon ポイントになる以外は、

プロパーのゴールドとほとんど同じです。

旅行傷害保険等のゴールドカード特典が必要な人ならば、

充実のサービスが提供されていると思います。

 

クレジットカードの仕組みは、

今では専門のサイトがたくさんあるので、

それらを幾つか読んで、最後に発行会社の規約にある謎の文字列を、

理解できるぐらいの知識をつけてから入会しましょう。

 

三井住友ゴールド以上のカード持っている場合、

420円の差額を埋めるには、アマゾンで84,000円のお買い物が

必要になりますが、昨年からポイントが随時加算になって

ポイント交換の手間も確認も必要なくなったので、

利便性は向上しています。

 

専門サイトとまるで違った感想なのですが、

Amazon ゴールドの最大の良い点は、

有名すぎるカジュアルブランドが一目瞭然なので、

どこで使っても威圧感がないことです。

 

三井住友系のゴールドカードは皆同じなのですが、

お家にカードが届いたら、利用する前に行う儀式があります。

オンラインで設定するのが一般的だと思いますけど、

ゴールドデスクに電話をして、

カード利用枠とマイ・ペイすリボの支払額を

必ず全額に設定するようにしてください。

 

これで通常の一括払いと同じになって安心して利用ができます。

この作業は絶対必須であり、とても重要な手続きなので、

後日、変更手続きが無事完了したお知らせのハガキがきます。

わざわざゴールドデスクに電話をかけるのは、

お互いに確認をすることになるからで、

専属のコンシェルジュが付くわけではありませんが、

本当に必要な時にちゃんと繋がることと、

履歴を残しておくためです。

 

さらに付帯のIDカードの発行を依頼しておくと、

コンビニとかなら、クレジットカード本体を持ち歩かずに

済みますし、通常のポイントも獲得できます。

これらの特典を最初にもれなく使い尽くしておけば、

向こう5年分の年会費に相当するぐらいの特典が受けられます。