読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VPB-XT2

VPB-XT2 は、FUJIFILM X-T2 の

縦位置パワー・ブースター・グリップです。

このアクセサリーのポイントは、

パワー・ブースターの部分であり、

「BOOST」モードで各種のパフォーマンスが向上

撮影枚数も最大約1,000枚に増加します。

 

これで、ミラーレスの弱点を一気に克服できるので、

プロ機としての利用をアピールしています。

4K動画のサンプル画像を見ると、

かなり大掛かりなシステムが構築されています。

 

ここから先は、本格的な動画撮影をしない人向けです。

過去にも何度か縦位置グリップを購入したのですが、

何というか、専用アクセサリーが装着できるのがうれしくて

つい買ってしまうのだけど、あまり使わないです。

お家の中で触って楽しむ時はいいのですが、

そこまで過酷なフィールドにはあまり行かないので、

予備機があった方が安心できるタイプなのかも。

 

あと、縦位置撮影をする時はいつも逆手に構えるので、

この癖がある人は、なんだかおかしな感じがします。

極めて少数派の感想です。

VPB-XT2 が用意されていて、必要な人には欠かせないパーツ

であることには間違いないと思うのですが、

Xシリーズのデザイン重視派からすると、

かなり気になるところです。

 

FUJIFILM X-Pro1 用のハンドグリップは2つ持っています。

なぜかといえば、専用パーツが好きだからです。

X-T2 は実用品、X-Pro1,2 は嗜好品の分類なのかな?

このブログは、そのような不思議な感覚で書かれています。