読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有効画素数の面積比

排他仕様によるレリーズ課題と、

ピント薄いぞ対策については屋内メインなので、

スマコンでやりたい事は一通りできるのでOKというか、

最初のセッティング次第では、

カメラに手が届かないポジションでも

楽な姿勢で撮れるのがいいです。

 

有効画素数の面積比は、マルチアスペクトなので、

APS-Cセンサーの約半分ぐらいを使います。

1600万画素の中央部分だけくりぬいて使っているため、

データが軽くなる分だけ少し得をした気分です。

かなり雑な考えですが、APS-Cサイズ2400万画素機と同じで、

サイズだけ半分になった特別なカメラと考えられます。

このためボケ具合も約半分、レンズの大きさも、

コンデジと呼べる限界ギリギリで鏡筒に収まっています。

 

そんなわけで、多少の無理は承知の大胆設計です。

あきれるほど鏡筒が伸びるのもこの所為です。

LXシリーズは既に後継機としてLX9が存在するので、

独創のLX100には次機種が出ない可能性がすごく高いです。

これだけ立派なコンデジは他にはほとんどなく、

(X100シリーズやRX1シリーズはレンズ一体型の単焦点デジカメ) 

贅沢過ぎる正統派のコンパクトデジタルカメラです。