読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJIFILM GFX 50S

どうしてもXシリーズではカバーできない領域

そのような特別の世界が存在します。

X-Trans CMOS III の発表会で、

解像力やS/Nは他社のフルサイズ機と同等に近い

とのデータを公開していますが、

それでも満足できない撮影のスタイルがあることを

どこよりもきちんと理解しています。

FUJIFILMだけではなく、

今回の新機種発表をみていると、

技術(美しさへの渇望)に限界はないみたいです。

f:id:Hydrornis:20160923202406j:plain

www.fujifilm.co.jp

画素数やレンズの性能から物理的に画質の限界がある。

この事は随分以前からいわれていたのですが、

個人で楽しむ分には、スマホ画質でも

あまり問題はなくなってきました。

 

わざわざ大きくて重たい機材を使うのは、

より綺麗な画像を残したいからです。

詳細な仕様は確定してないけど、

GFXは、1kg以下の軽量ボディを実現するそうです。

最もセンサーに近いレンズまで大口径を使い

それなりに贅沢な構成なので質量はあると思いますが、

ミラーレスの特性を生かして十分実用可能です。

 

これ、

CANON EOS-1D X MarkII や、

NIKON D5 と同等程度の値段になりそうなので、

初回限定、GF32-64mmF4 R LM WR プレゼントキャンペーン

とか最初に本気出せば、大ヒットになりそうな予感です。