読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hello again

IT関連 周辺機器

今回の新作発表会で、

良かった点というか、ホッとしたのは、

あまり見た目がこれまでのマックと変わらなかった

ことでしょうか?

 

Apple様渾身の最新鋭機に対しリスペクトしていないと、

怒られそうですが、謎のタッチバー搭載以外は、

いつものように、より薄くなる系のパターンです。

今のところ、タッチバーがどんなに革新的な意味を持つのか

想像力が欠如しているためにそう感じるのです。

 

画面に触らなくても必要な操作が完了してしまう仕組みに

すべてのアプリが対応してくれば印象は変わると思いますが、

発表時、数週間待ちの状態で購入する勇気はないです。

12インチMacBookが2万円ほど下がったので、

今使っているMac(=MD760J/A)が壊れてしまったら

真剣に購入を検討するレベルです。

 

MacBook Airは、たぶんもう販売されないので、

12インチMacBook、もしくは13インチMacBook Proの

タッチなしモデルが後継になると思います。

どっちにしても、画面は綺麗になるので嬉しいです。

 

前回モデルは大幅に値段が上がったので、

ようやく正常な価格帯に戻ってきたようです。

もはやMacは特殊なパソコンではなく、

全世界なら10%

日本に限れば20%

大学生に限定すれば30%

オシャレなカフェの店内に限れば50%以上

の確率で発見することができます。

 

そんなわけで再び絶滅危惧種にはならないと思うので、

無難な選択をするなら、13インチMacBook Pro

MLH12J/A あたりで4,5年は戦えるでしょう。