読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xマウント最強レンズ

FUJIFILM

昨日の鳥撮セット肝心の、

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR が

抜けていました。

このレンズは富士フイルム史上最強です。

 

JBFの会場だと、少々持て余し気味の焦点距離なので、

ステージ最後列からでも、200mmぐらいで超アップになります。

司会進行のお姉さんの瞳にピントがくる精度で撮影可能です。

風になびく髪一本一本が分離するレベルなので、

等倍表示にすると怒られそうです。

 

ズームレンズなので超解像度域がこの辺で、

望遠側に向かって緩やかに落ちていくのですが、

極端に画質に影響を与えるほどではないぐらいの感じです。

特にリミッター内側の距離間における撮影は、

キレッキれの描写が期待できるので、

望遠ポートレート向けです。

 

スーパー鳥撮セットの場合2倍テレコンで1200mmになるのですが、

ミラーレス機はAFが使えるので完全に捕捉ができる状態なら

森の中でも目視で識別可能な個体であれば、

問題なく記録に残せます。

 

ビデオ三脚とセットでライブビューモードにすれば、

デジスコ級のお手軽機材になります。

あとはお値段なのですが、

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

単体は、Xシステムの中では控えめな設定なので、

特殊なレンズなだけにかなり魅力的です。