鳥さん

PowerShot SX740 HS

PowerShot SX740 HS が発表されています。 cweb.canon.jp コンデジの中では比較的大きいというか、 これ以上は、コンパクトとはいわないギリギリのサイズです。 キヤノンがこのクラスの新製品を出すとは思ってなかったのだけど、 自然探索のおともに一台持っ…

光学系ブログの双眼鏡選択

昨日の続きで、 このブログは自然観察がメインの光学系ブログなので、 バードウォッチャー的な視点になりますが、 万能の双眼鏡はないと思っています。 日常の観測は、双眼鏡 + 小型スコープ 森の奥深くまでは行かずに、観測拠点をベースにしています。 電車…

アオゲラ

まともに逆光なので、 かなり画像を調整しています。 アオゲラの特徴は全て捉えているので、 観察記録としてはこれでOKです。 大きな泣き声とともに、1kmほど先の森までひとっ飛びです。

シロフクロウ

インスタ風に切り出してるのではなくて、 人が多すぎてカットしています。 もちろん野生ではないのですが、 イギリスでは、ペットが増えすぎて一時期 結構なニュースになっていました。

モズ

モズにも性格はあると思うのだけど、 身近にいて意外と接近しても逃げないタイプです。 遠くから発見して、距離をつめていくと、 枝の真下を通っても動かないので、 キャッチがとれる角度に回り込んで撮影です。

住宅地のカワセミ

手ぶれ、ピンぼけ、なんでもありなのですが、 こんなとこにもちゃんといるよ、的な証拠の画像です。 このカワセミ君は、なんとこの地で子育てをしたのです。 営巣場所は別のところにちゃんとあって、 ここはとても重要な足場なのです。

ジョウビタキ♀

尾羽が見えなければ良くわからないですが、 たまご型のジョビ子さんです。 真正面だとレンズが気になるのか、 少し角度をつけて待ちます。

ホオジロ

鳥の正面顔は結構人気があります。 歌舞伎メイクで斜に構えたポーズのホオジロです。 これでもかなり接近してるので、 お互いに視線が釘付け、先に動いた方が負けというか、 飛ばれたら負けなので到底勝ち目はないです。

オナガ

たぶん以前貼ったと思われる画像を、 少し整えたものです。 オナガは結構美しい青い鳥なのだけど、 カラスの仲間なので、鳴き声を発するとかなり喧しいです。

カテゴリーの再編(再リンク集)

2018/5/15の時点のカテゴリーリストを見ると、 デジカメ新製品 カテゴリーの記事一覧 - Hydrornisの日記 カメラ カテゴリーの記事一覧 - Hydrornisの日記 FUJIFILM カテゴリーの記事一覧 - Hydrornisの日記 トップ3は、デジカメ関連が独占です。 以下、 旅行…

Valse des fleurs 13th

大変に私事で恐縮なのですが、 本日、2018年5月5日は、結婚13周年の記念日なのです。 音楽は、『くるみ割り人形』〜 花のワルツ (Valse des fleurs) でお願いします。 毎年同じパターンなのですが、 今回は鳥撮画像です。 Amazon Music のアプリが度々アップ…

条件反射的な導入

鳥声が聞こえると反射的に導入してしまいます。 条件が良いのでピントもそれなりです。 通常はここまでヒヨドリでも寄れないのですが、 頭上に来る場合は、既に鳥さんからは捕捉されているので、 300mm相当でも意外と細部まで写りますね。

魅力的な被写体

デジカメの登場以来、最も多く撮影されている鳥さんは、 たぶんカワセミだと思います。清流に生息する幻の青い宝石の イメージが多くの人にあるのですが、現在では都市部でも見つけられる とっても身近に存在する、美しくて逞しい小鳥です。 スコープ撮影 F4…

夢の記憶

昨日はとても長い夢を観ました。 夢というのは、叶えたい事ではなくて、 眠っている時の物語の方です。 蒼い鳥はこのブログのイメージ 昨日というか、今朝まで寝たり起きたりを繰り返していたのですが、 再び寝ると今週の予定に大きく影響がありそうなので起…

安全圏の撮影はいつも逆光

今日の写真も、別選フォルダに振り分けられた中にありました。 これはよく見ないと識別難しいですね、

朦朧としている小鳥

12月から、かなりハイペースで活動していたので、 数日前から眠りこけています。 高熱はないので、インフルエンザの心配はないと思います。 今週はほとんどお家の中にいるので、 ブログの更新ぐらいは出来るような気もするのですが、 お正月用に書きため分を…

森の妖精より

話の流れからいって本日はタイの順番なのですが、 なんか上手くまとめられないというか、 ブログタイトルの秘密を語る上でとても重要なポイントに なってくると思われるため先延ばしさせてください。 簡潔に説明をすると、このブログは双眼鏡日記(しつこい…

好ましい視点

なんか週末は物欲で頭がドロドロだったようです。 好ましい目線 冷静に考えると、素直にX-T2にしておいてX-H1を待ち侘びるのが、 正しい富士フイルムユーザの在り方にも思えてきました。 明日になればまたすっかり忘れているかもですが...。

ベニマシコ

まともに逆光なので、かなり色を持ちあげてるのですが、 ピンクを再現するのが精一杯です。

変なポーズ

ホオジロ

同じような距離でも、背景が上手く抜けていれば対応がしやすいです。 相当トリミングしていますが、顔面の迫力で容易に識別できます。

ツグミ

300mmは、フィールドだと最短のレンズです。 これでも対象の距離:10.76m と記録されているので、 メインストリートでは、かなり接近しています。

モズのカップル

シンクロする雄雌

ミコアイサ

ミコアイサはその名の通り、 巫女の白装束を纏い、秋が去った頃になると飛来します。 画像の手前も、嘴が青灰色で同じように見えるので、 少し控えめな配色がペアとなる雌だと思います。

縄張り宣言

ジョウビタキは、ちょうど人の目線よりも少し高い枝がお好みで、 しかも自分から居場所を教えてくれるように鳴くので見つけやすいです。 この画像の場合枝下を通過できるぐらいの状況だったので、 珍しくRAW撮影をしています。

ハクセキレイ

コンビニの駐車場をウロウロしているセキレイや、 河川を飛び回っているのは成鳥が多く、もう少し体色がはっきりしています。 画像の個体は森(といっても都市公園レベル)の中で見つかります。 特徴はあまり飛ばないことで、安全距離を保っている間は、 ず…

頭上の鳥

貢ぎ物

シメ

今週からテキスト追加の予定だったのだけど、 昼夜逆転というか、集中力が激しく低下してまとまりが非常に良くないです。 10秒前ぐらいのことなのに、すっかり忘れて唖然となったりもします。 正常化に向け、復旧作業を急ぎ進めてまいりますです。

ウ(かな?)