読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMC‐GX8の模型

昨日、またまた2ヵ月ぶりに、

例のスーパーセレクトショップに立ち寄りました。

hydrornis.hatenablog.com

目的は、Nikon COOLPIX P900 ではなくて、

カメラ関係でもなかったのですが、

DMC‐GX8のモックが、早くも展示されていました。

もちろん通電もされていないのだけど、

かなり精密な模型で、ファインダーや液晶が

本物と同様に稼働するのです。

 

FUJIFILM X-E2よりも少しだけ大きいです。

実物をくらべることは、お店でも意外と難しいのです。

モックの場合、ひもが付いてないので、

余程離れてなければ、並べることができます。

 

レンズも超望遠以外は、大体揃っています。

NIKONやCANONは、やはり相当に大きいですが、

FUJIFILMもミラーレスカメラとしてはかなりの迫力で、

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRとかを見ると、

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISが可愛く思えます。

 

XF100-400mmは、望遠端F5.6だと信じたいので、

対物有効径が70mm超の、大型サイズになりそうです。

「Xマウント」初の、超望遠レンズとなるのですから

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR や、

EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM がライバルです。

 

ここは超激戦区ですから、

妥協のない光学設計で、フジノンレンズの高品質を

証明してみせる、絶好の機会となることを願っています。