読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Ultimate X

究極のXシリーズは、

次世代X-Trans sensor採用の架空(噂)のミラーレスです。

うわさとはいえ、登場は確実視されているので、

最新のビデオ機能が搭載される予定です。

 

動画は取り扱いが難しい(容量がかなり大きい)ので、

これまであまり使うことがなかったのですが、

実は結構はまっている状態です。

 

最初はLX100の4Kフォトがきっかけになっています。

おまけではなく本気の美しさなのです。

瞬間を切り出すのは写真の面白さの一つだけど、

被写体の表情が多彩だと、一枚では表現しきれないです。

ほんの数秒でも的確に情報が伝わるのです。

 

写真は意志を明確に伝える為に余分な情報を出来るだけカット

する楽しみがあるのですが、ビデオは逆の方向性です。

ありのままを魅せる楽しみ方といった感じです。

いずれにしても表現方法はたくさんあった方が便利なので、

今さらながら機能について学習しています。

 

お手軽さでは、iPhoneが圧勝の気もするのだけど、

やはり映像はきれいな方が印象に残ります。

Xシリーズは、最初から頂点という原点なので、

静止画に関しては、X-Pro1の時点でかなりの高画質です。

 

劇的に画質が向上するのを実感するにはレベルが高すぎるので、

進化の方向は間違ってないと思うようになりました。

富士フイルムが究極を謳うからには、

それなりのクオリティが求められるので、

最高の瞬間をとらえる一台は、至福の時間をかなえます。

このフレーズは、X-Pro1の最初のコピーなので、

次の頂点は最初から見えていたのです。