旅行

Canon A-1

プミポン国王の肖像画は街中の至る所にあるのですが、 タイ国民から敬愛される存在なので、撮影も結構ためらいがあります。 旅行中、宗教と政治の話はしない方がいいのですが、 全く知らないのも失礼なので、その場合はカメラに注目です。 プミポン国王の愛…

Amazing Thailand

なんか順番が前後していますが、 このツアー最大のイベントはこんな感じになります。 すれすれどころではなく、 もう、めちゃくちゃアメージングな瞬間です。

観光地の記憶

海外旅行 ≒ 東南アジア なのですが、 バンコクの有名な観光地を訪れる機会はとても少ないです。 日本人の友人が、現地で会社を経営していることもあって、 外国人が比較的少ない地元のレストランに連れて行ってくれるので、 ホテルに付帯する施設を使うこと…

優雅な時間

自力でも行けるぐらいの距離なのですが、 この時はもうツアーがあったので、乗車もしています。 最後尾のポジションも、ちゃんと確保しておいてくれて、 途中駅で下車すると、先回りした車で回収してくれる段取りです。 ランチは豪華なホテルでゆっくりお茶…

到着10分前のサイン

街中散策に飽きてしまったので、 目的のイベントを待つ間、駅の構内でお食事です。 なんとなく人が集まってきたのでそろそろ到着のようです。 長距離路線ではないので、列車が遅れることはあまりないのですが、 ここの見所は、入線時の人々の動きが最大の注…

未確認飛翔物体

旅行中は目的の生息地以外で望遠を使うことはほとんどないです。 この時も標準域のレンズなのですが、鳥にはやはり反応します。 飛翔中の鳥撮は、常にAF-Cモードで待機するのですが、 上記のような画像では、鳥を捕捉し続けるのはまず不可能に近いので、 最…

東洋のベニス

バンコク中心部でも水路はいまだに使われているのですが、 都市部から少し離れたこの地では日常の風景です。 時間になるとどこからともなく集まってきて、 あっという間に乗船して、手早く出航していきます。 おそらく船がないと行けない場所が目的地ではな…

炎天下の移動

真っ赤な花柄の服がとってもおしゃれです。 真昼に炎天下を移動するのは、軽装でもかなり厳しいです。 朝仕込んだお弁当をランチタイムに届けるために、 所定の場所に向かっているのですが、後どれぐらいで到着でしょうか?

都会の一等地

たぶんバンコクは宿泊設備が最も多い都市で、 予算に応じて選び放題です。ライバルがたくさんなので、 かなり高級そうなところも意外な価格で泊まれます。 ここはホテルではなく、サービスアパートメントのグループで、 ホテル機能を省略した高層マンション…

街中で驚いた事

今日からは場所が変わってタイ王国です。 新空港が開業以来、タクシーは乗りやすくなったのですが、 街中は電車の方が断然早く目的地に着きます。 当初は少し高めの料金で、割と空いていたのですが、 今では時間通りに運行するので、ラッシュ時はかなり混み…

制服を着た人

観光客が多いエリアには、 謎の日本語、もしくは中国語で話しかけてくる人がいます。 一眼レフカメラをさげてふらふらしているので、 当然といえば当然なのですが、 表通りで話しているだけなら多少は会話の練習になります。 かなーりしつこい場合もあるので…

勇者の凱旋

再びコンチネンタルホテルの前の広場です。 この写真の見所は建造物ではなくて、 道のど真ん中を堂々と背筋を伸ばして歩いている人です。 ここは交差点というより、広場になっていて、 かなり広いです、慣れているので理想のタイミング だとは思うのですが、…

伝統的な葉笠

中心部から少し離れると、急にローカル色が出てきて、 街並みもがらっと変わって見えます。 ベトナムの三角帽子(ノンラー)をかぶっているので、 市場の周辺だと思います。このカタチは女性用とされていて、 男性用は頭の部分が少しだけ段差になっています…

Park Hyatt Saigon

この辺りが現在でも最も栄えている場所でしょうか? 中心部だけは流石に信号機があるので、 交通量は多く感じますが、比較的安全に渡れます。 河岸の幹線道路はとても一人では難しいです。

ちょっと意地悪な構図

朝食会場の最上階から大聖堂方向を撮影しています。 MAJESTIC SAIGONは、1 Đồng Khởi, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh ドンコイ通り一丁目一番地なので、観光の中心になっています。 超高層が乱立している隙間を引き寄せているので、 Parksonの下に見えるオ…

重厚な造り

ホテル内は、ちょっとした美術館なので、 各施設への移動も見所が盛りだくさんになっています。 ここは正面入り口にある本来のエントランスですが、 宿泊客は両サイドのエレベータに誘導されることが多いです。 奥のほうにある写真は、当時の古い建物やVIP級…

ホテル探検

そんなわけで、航空会社のプロモーションと、 ホテル独自のサービスと、代理店の手際の良さによって、 通常は泊まらないで見に行く観光スポットのようなホテルです。 折角のリバーサイドルームなので、テラスから記念の一枚 この扉が業務用冷蔵庫の用に分厚…

旅行代理店の役割

羽田の夜発便は便利ではあるのだけど、 スワンナプーム到着は4時なので早朝というより深夜です。 周辺国に乗り継ぎの場合は始発(7時前後)に乗れるので、 東南アジアの空港なら、9時にはついてしまいます。 ビジネスマンはそれでもいいのだけど、 普通の観…

居心地の良い場所

写真を張り付けるのは、土日曜日にするつもり でいたのですが、最初から一日間違って投稿しています。 そんなわけで、埋もれていた画像を発掘して、 勝手に感想を綴る企画の第一弾が昨日のルリビタキだったのですが、 hydrornis.hatenablog.com の続きで、居…

双眼鏡選びの三要素

このブログを開設した原点となるテキストです。 かなり特定した状況で書いているので迷わないように、 ピンポイントでこれまで封印されていました。 理想とする双眼鏡 1.なるべく軽いもの2.なるべる視界の広いもの3.なるべく明るいもの おすすめの双眼鏡 1.…

森の妖精より

話の流れからいって本日はタイの順番なのですが、 なんか上手くまとめられないというか、 ブログタイトルの秘密を語る上でとても重要なポイントに なってくると思われるため先延ばしさせてください。 簡潔に説明をすると、このブログは双眼鏡日記(しつこい…

快適なホテルライフ

短いスケジュールの海外旅行で、 土日から土日までを選択しない理由は、 飛行機が飛ばない事がたま(アジアでは普通)にあるので、 平日の方が素早く対応できる確率が高いからです。 パッケージツアーの最安値を狙うと、 航空会社未定、ROH(部屋指定どころ…

リラックス・ダイビング

ぶち抜きで一週間以上休んでしまうと、 引き継ぎとか代行の手配が必要になり面倒です。 でも本当は、もしもの時に備えて信頼関係を獲得しておく事が、 正しいビジネスマンにとっても必須の条件であって、 会社で仕事をする最大のメリットです。 オフピークリ…

Hospitality

会社に入って数年ほど働くようになると、 仕事のスケジュールがほんの少しわかってきます。 入社前は忙しくて海外旅行なんて行けないよ! と、聞かされていたのですが、 パッケージツアーぐらいの休暇は確保できるようになります。 たぶん職種にもよると思い…

はじめての海外旅行

はじめての海外旅行はオーストラリア。 理由は簡単で、南十字星をこの眼で見たかったからです。 わかりやすい性格はあまり変わってないみたいです。 今なら経由便でのんびりと目指しそうですが、 その頃は旅の経験も少ないし、とりあえず直行便で飛んで、 と…

空港バス

一日の終わりが近く頃合

天空の彼方

ทางหลวงชนบท

Banpu Koh Chang