希望小売価格 : 1,589,760円

今週はよれよれだったのだけど、

最大の山場というか、問題の切り分けを完了したので、

優先順位に沿って進められる体制になりました。

が、予定通りにいくかは不明です。

www.nikon-image.com

負けず嫌いのニコン様からは豪華なレンズが発表されています。

どれぐらい凄いかというと、タイトルに入力するとはみ出すぐらいです。

AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR

リンク先はレンズ構成図になっているはずなのですが、

19 群27 枚(EDレンズ8 枚、蛍石レンズ1 枚、ナノクリスタルコートあり)

他保護ガラス1 枚(フッ素コートあり)、内蔵テレコンバーター5 群8 枚

計35枚のレンズが並ぶようすは、何かとてつもなく圧巻です。

 

屋内イベントに最適化しているようにも見えますが、

長玉もズームで最高画質に対応出来るようになった模様です。

希望小売価格 : 1,589,760円(税抜 1,472,000円)です。

長玉のお値段は、なぜか軽自動車と同じぐらいの設定です。

 

この辺りは、どんな高級車を選ぶのかと似ているので、

通常の感性とは違う基準が適用されるので嗜好がわからないです。

鳥撮は場所次第ですが、500mmF4が多いような気がします。

ミラーレス陣営は、100-400mmF5.6までなので、

有効径100mm超級を次に出すのはSONYでしょうね。

G Masterの400mmF2.8だと、2百万円ぐらいの雰囲気です。

安心のベルボン三脚

フィールド・スコープを使うので、

お家には、三脚に類するものがとっても多いです。

まずスコープ専用の三脚だけでも3つあり、

すべてアルミの旧式なのですが、

壊れてもベルボン様がパーツを供給してくれるので、

ふたたび直して使うので見た目ぼろぼろでも挙動は同じです。

 

カメラ用(別にスコープで使っても問題なし)は、

やっぱり実働しているだけでも3つ以上(ホントは数えきれないぐらい)

車で行く時は持ち出すのですが、あまり使わないのでピカピカ。

雲台だけ交換すれば、こっちの方が安定すると思うけども、

なぜそれをしないのか不思議で仕方ないです。

 

デジモノと違って、多少古くても影響はないからも少しあるけど、

ずーっと使って慣れてるし、安心感の違いがあると思います。

最新の三脚の精度は素晴らしく良く出来ているのですが、

カメラの性能が上がり、手持ちでいける場合が多く、

三脚をセットすると、ほんのわずかですが表情が硬くなります。

 

じっくり風景を撮影することがあまりないので、

旅行にはセルフタイマー用の軽い三脚を持って行きます。

たぶん最初に高級カーボンとかを選んでいたなら、

こんなに増えることもなかったような気がするけれど、

あれこれ試すのが、このブログの典型的なパターンになっています。

 

三脚ごとにカスタムパーツを作成しているので、

これをプレート(もしくは雲台)交換で使えるようにしていれば、

もう少し汎用性があって複数の三脚で共用も出来たのですが、

今となっては買ってしまった方が簡単だと思います。

E 18-135 mm F3.5-5.6 OSS

ソニーは、APS-Cフォーマットのレンズに関しては、

優しいというか、手が届きそうな価格帯のレンズが多いです。

www.sony.jp

α6000とかα5100あたりは、もう3,4年経過してるので、

特にそう見えるのかも知れないけれど、

2つのセンサーサイズを展開しているメリットを、

うまく使い分けています。

 

α6300とかα6500あたりになるとフルサイズ並みの価格ですが、

少し歴史が長いので、レンズのラインアップは豊富です。

フルサイズ対応になると、G Masterのズームが主力に置かれるので、

20万円台に跳ね上がります。そこまでの価値を見出している人が対象なので、

仕方ないのですが、このブログには体力も財力も厳し過ぎる設定です。

 

そんなわけで、α7、特にα7Ⅱは、MFレンズで楽しむための

母艦となっているパターンが多いです。

旧式のレンズは出来れば実焦点距離のままが嬉しいので、

5軸ボディ内手ブレ補正搭載の35mmフルサイズミラーレスカメラ

は、かなり多くの人が使っているものと考えられます。

LUMIX GH5S

さっきちょっとだけ、下書きのまま表示されてしまい

かなり慌てて削除して書き直しています。

今週は何とかなるかなと思っていたのですが、

作業効率が悪くて予定のタスクをこなせない状態です。

 

そんなわけで、今日は久しぶりのデジカメ新製品

LUMIX DC-GH5S-K キタムラ初売価格: ¥291,480 (税込)です。

カメラのカタチをした業務用のビデオカメラですね。

ミラーレスが比較的お安いのは過去の話になっています。

ビデオソースの配信はもう特別な世界ではないので、

お手ごろに感じる人も多いのかもです。

 

シネマ4K(4,096×2,160)/ 60p対応、有効1,028万画素です。

感度が約2.4倍で、フルサイズ以上に低ノイズを実現。

センサーシフト式の手ブレ補正機構も省略して、

目的を達成するために贅肉を落しています。

 

このブログ的には、LUMIX DC-G9L-Kの方が合ってる感じですが、

短期間でハイエンド3機種を揃えたパナソニックの意気込みは、

相当気合いが入っています。もちろんお値段も含めてです。

 

各社横並びの製品はつまらないので歓迎致しますが、

静止画に関しては、LUMIX DMC-GX7MK2K あたりは5万円台で

驚くほどの画質を提供しているので、現実路線も維持して欲しいです。

熟成された市場は二極化していくのが当たり前になっていて、

大きなお買物はタイミングがとても難しいです。

夢の記憶

昨日はとても長い夢を観ました。

夢というのは、叶えたい事ではなくて、

眠っている時の物語の方です。

f:id:Hydrornis:20180115150517j:plain

蒼い鳥はこのブログのイメージ

昨日というか、今朝まで寝たり起きたりを繰り返していたのですが、

再び寝ると今週の予定に大きく影響がありそうなので起きることにしました。

 

夢の内容に特に意味は無いのですが、いたって普通のストーリーで、

登場人物の年齢が若干若返っていますけど、実在の人です。

不思議の部分は、何度か目をさましているのですが、

夢中の中身は完全では無いけど、切れ目のないように進みます。

 

夢なので都合よく修正もされているので、連ドラのようです。

ドラマティックな展開は全くなくて、茶色い財布を右ポケットに入れた、

乗っていた車は赤で、いつもは通らない道を使おうと思っていたら、

工事中なので、いつもと変わらず目的地に到着した。とか、

ある日常の風景を思い出してたまたま夢で見ているそんな感じです。

 

普段あまり夢を見るタイプではないというか覚えてないのですが、

こんな経験はあまりしたことがないので記念に書きとめておきました。

安全圏の撮影はいつも逆光

今日の写真も、別選フォルダに振り分けられた中にありました。

f:id:Hydrornis:20180113153445j:plain

これはよく見ないと識別難しいですね、

朦朧としている小鳥

12月から、かなりハイペースで活動していたので、

数日前から眠りこけています。

高熱はないので、インフルエンザの心配はないと思います。

f:id:Hydrornis:20180113153409j:plain

今週はほとんどお家の中にいるので、

ブログの更新ぐらいは出来るような気もするのですが、

お正月用に書きため分を使い切ってしまったので、

文章がうまくまとめられず、またお休みです。

 

画像は以前貼ったと思われるアオジの別ファイルだと思うのですが、

選別後の別選フォルダにあったので、

チェックをした後に、封印されたらしく、

たぶん何らかの修正が必要と判断されたお蔵入りの一枚です。

One SONY

デジカメ関連の新製品が色々登場して、

書きとめておきたい案件がたくさんあるのですが、

本日も昨日のつづきになります。

 

FE 85mm F1.8(SEL85F18)は、

さんざん悩みに悩んで、ソニーショップで購入しました。

理由は、FEマウントレンズの価格が安定してるので、

どこで買っても大差がないというか、

そもそも品薄なので、販売店が限られています。

 

これまでに延長保障を付けて実際に使った記憶はないです。

保険は使わなければ何事もなく良かった証拠なのでGOODです。

店頭で購入する場合はなぜか加入することが多いです。

ソニーショップの場合は、もれなく3年分は無料で付いてくるので、

これを5%と仮定すれば直販の方が少しだけ安くなります。

 

さらに上位のサービスを必要する利用者にとっては、

圧倒的に割安となるので、この仕組みは販売店にとって脅威です。

メリットは製品登録と保証内容が同時におこなわれるので、

書類をなくす心配もなく、管理が容易で迅速に対応が可能になります。

 

ちょっとだけ意見をさせてもらうと、

SONY ID は、今のところ一つのソニーを具現化できていないので、

これらの統合を進めるのが合理化につながるのかは微妙です。

この判断ができるはTOPだけなので重責を伴います。

 

話戻りますが、FE 85mm F1.8 は美しいですねー。

見た目も高級感たっぷり、上位機にはないミニマムデザイン、

レンズ構成図の潔さが光学マニアには堪らなく上品です。

唯一不満があるとすれば欠点が見当らないことかな。

FE 85mm F1.8

今日から、双眼鏡・スコープ・アクセサリーと、

増殖していく様子を思い出して呆れる企画だったのですが、

急遽変更して、FE 85mm F1.8 にします。

 

最初にいっておきますです。

FE 85mm F1.8(SEL85F18)の切れ味は凄過ぎます。

例によって、サンプル画像も数値データもないのだけれど、

これを使っちゃたら、ズームレンズに戻れないかも。

 

とにかく開放から全域でキレキレの描写です。

絞りが何のためについているのか考え込んでしまいます。

もちろんある程度絞らないと合焦位置以外はボケボケになるので、

状況に応じて対応していく必要はあります。

 

一応、F5.6あたりまでは解像力も多少は上がっていくのですが、

これほど変化の少ないレンズは珍しいと思います。

極端な四隅でなければ、合焦位置が最高の描写になります。

難しいのはボケ量のコントロールであって、

バストアップぐらいの距離感だと相当に気を使います。

 

全身が写るところまで引けると少し楽を出来ますが、

それでもかなり絞らないと商用風のきりっと画像にならないです。

ここまでレンズの性格がわかりやすいと撮影が楽しいです。

自分ズームは前後の移動だけでなくて、

上下左右にも使え、容赦なく表情を変えていきます。

 

FE 85mm F1.8は、スーパー美少女レンズなので、

最新設計 + 最小限のシンプル機能で限りなくパーフェクトに近いです。

問題は、α7Ⅱの方にあって、瞳AFがうまく作動しないのです。

SONYのサポート部隊の人と何度も検証したのですが、

α7RⅡ以降の本体だと、確実に追いかけ続ける事ができて、

α7Ⅱの場合、一瞬だけ捉えることは可能ですが実用は厳しいです。

 

この件については真摯に検討してくれる事になっていますが、

現実的には、次のバージョンアップで対応はする確率は少なくて、

おそらくα7Ⅲで正式に使えるようになるものと思われます。

 

逆転の発想というか、使えない機能がはっきりした事で、

同等の仕上がりを追求するための設定を考えます。

結果として満足できるレベルに達したので、

α7Ⅱには改めて緊急時の対応を教えてもらった事になります。

300mm が標準レンズ

CES 2018 用に幾つか新製品が発表されていますが、

昨日の予告通り、コレクターへの道を考えます。

 

お家の場合、カメラに関してはレンズ至上主義というか、

EF300mm F4L IS USM を購入後、ずーっと使い続けていたので、

他社の製品が購入希望リストに載る事はほとんどなく、

カメラ本体を主力に買い替えていました。

 

撮影対象もスタイルも決まっていたので選択肢は少ないです。

そんなわけで、お手頃価格になった高級機を使ったりも

度々していましたが、重いと機動力が失われるので、

現在は、EOS Kiss X7  が付いています。

 

フィールドワークでは、カメラは記録用の機材と考えられるので、

カメラが趣味ではなくて、自然観察の方が主力だったのです。

これが変わるきっかけとなる出来事は幾つかあるのですが、

順番的には、小さい時からカメラが大好きだったので、

暫くの間、カメラが趣味といえない時代があって、

その後ふたたび足を踏み入れる事になったら、

それはもう最盛期、デジカメが毎月のように登場する頃になります。

 

ここから先は、坂を転がり落ちるようになるのですが、

ほんのわずかの出遅れが、周回遅れのペースを生み出します。

EF300mm F4L IS USM を超えるレンズを所有することは危険なので、

決して深い森の中に迷い込まない決めごとを設定します。

 

この誓いが、とてもうまく機能してくれたので、

幸いにしてこれまで制御することに成功しているというか、

円滑な人間関係を形成する上で非常に役立っています。