春 - まっしぐら

f:id:Hydrornis:20190402000421j:plain

これは橋の下を抜けていくコサギです。

ノーファインダーでカメラの向きだけを合わせています。

 

白とびを救済するために全パラメタを振って、

フィルムシミュレーションASTIA/ソフトでバランスをとっています。

決して破綻しないデータ量は驚きですね。

Adobe Camera Raw

f:id:Hydrornis:20190404014551j:plain

さくらの写真は難しいですね。

世界屈指の路線バスが運行する桜並木に行ったのですが、

あまりの人の多さにびっくりして、途中から鳥撮に変わっています。

 

以下、 Camera Rawの記録になるけど、

+1.00ほど補正を行い、白ではなく青空を合わせるために、

カメラマッチングVelvia/ビビッドを選択しています。

Congratulations

このブログでは毎年4月1日は、エイプリルフールではなくて、

新生活応援メッセージを書くことにしているのですが、

今年は上手くまとまらないので振り返りです。hydrornis.hatenablog.com

hydrornis.hatenablog.com

hydrornis.hatenablog.com

過去のエントリを見ると真っ白過ぎるような気もするけど、

写真と同じで、基準となる色が決まっていないと伝わりにくいものです。

この習慣は実は4年前からから同じで、

hydrornis.hatenablog.com

世の中には、まだ見たことのない世界がいっぱいあります。

自分の目で見て、触って、感じたことを何よりも大切にしてください。

今できる事、やりたい事があるならすぐにでも実行しましょう。

伝えられるのは本当にそれだけです。

と短く書いています。

 

「やりたいという気持ちを抑える理由は何もないです。」

EOS D30

大昔のRAWデータを発掘したので現像してみたよ。

f:id:Hydrornis:20190320001750j:plain

f/4 1/320 秒 ISO 100 300 mm 

Digital Photo Professional 4.10.0 for Windows

あまりにも素晴らしすぎてびっくりです。

 

オリジナルはかなり眠たい感じに見えていたのですが、

  • ホワイトバランス調整 : 太陽光
  • ピクチャースタイル : エメラルド

「EOS D30固有ともいうべき発色」

を、よみがえらしています。

M.ZUIKO 300mm PRO

今日の一枚は、昨年のJBFのコブハクチョウです。

f:id:Hydrornis:20190313011603j:plain

本体 OM-D E-M1 Mark II 露出補正 -2.0

フォーサーズ史上最高の組み合わせです。

鳥撮の秘訣は被写体との距離を近づけるのが最適解ですが、

いつも理想の間合いに入れるとは限らないです。

 

白飛びを防ぐ方法はたくさん存在すると思いますが、

分割測光のまま、-2EVで対策をしています。

これ以上だと右端のオオバンは黒つぶれになってしまいます。

 

マイナス補正をかけるのは、少しでも速いシャッター速度が使えるから。

コンデジとの違いは、等倍表示でも鑑賞に耐える驚きの描写です。

LUMIX FZ200

最近すっかり画像を貼らないブログなのですが、

はてなフォトライフには、2,000枚以上の写真がアップされています。

公開されているものは三分の一ぐらいとかと思われます。

そんなわけで久々にフィールド画像です。

f:id:Hydrornis:20190312000620j:plain

このぐらいの大きな鳥だとコンデジでも意外といい感じです。

等倍表示はさすがに白羽の個体は厳しいけど、

便利なので普通に今も使っています。

キャッシュバックの罠(←錯覚)

昨年末からすごいお値段になっていて、

今年の1月だか2月(=X-T30が発表されるぐらいまで)は、

とてつもない状況になっていました。

 

購入したらお値段サーチはしない方が幸せだとわかっていても

記録として残しておきたくなります。

XF10-24mmF4 R OIS = 67,050

XF16-55mmF2.8 R LM WR = 79,490

お値段が変更になる直前のキタムラの実質価格です。

レンズがここまで変動するとは驚愕ですね。

 

今日のお題は、お店独自の部分ではなくメーカー主催の方です。

ソニーのキャッシュバックは銀行振り込みなので、

残高が後で変わるだけですが、

富士フイルムは郵便為替なので現金化します。

上の例だと、購入時に実質の換算をしているのですが、

かなり時差があるのですっかり忘れてしまいます。

 

わかりやすいように丸めて、期間中に

FUJIFILM X-H1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR を

300,000円で購入した場合、キャッシュバックは45,000円です。

心の中のお財布は購入時点で255,000円だったのだけど、

後で現金が返ってくるとそのお金でまたレンズ買っちゃおうかなーぁ

という錯覚に陥ります。困ったことにこのキャンペーンは、

3月末まで延長になっていて今でも対象です。

 

実際にはもう少し複雑になっていて、

下取り品が100,000円ほどある場合の心のお財布だと、

ボディとレンズで155,000円、単品に振り分けると各8万です。

さらにこれを下取りに出すような展開になると、

永久ループにはまり込んでいきます。

 

毎年のようにこれを実行している人は、

年払いのリースをしているような感じになるのでしょうか。

このブログは基本的には買い切り型なので、

大きなイベントの前に購入します。

 

ただ、機材の相性もあるので、

緩やかに入れ替えていくタイプに含まれるのかも。

過去のエントリを見ると、

いつも普通に撮影できる機材が不足していると騒いでいるので、

懲りないタイプがあれば多分そこに分類されると思います。