読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40mm超級双眼鏡ガイドのあとがき

双眼鏡リスト 40mm超級双眼鏡

双眼鏡を複数台所有することはできますが、

同時に覗くことができるのは、ひとつだけです。

もちろん気分によって取り替えてみたり、

状況に応じて選択した方が、目的にマッチしていて、

双眼鏡ファンならば、たぶんそれをしていると思います。

 

でも、標準的なお家の場合だと、

双眼鏡は一台あれば十分だと考えられるので、

できれば何に使っても不満のない性能が欲しいとなると

40mm級がやっぱり双眼鏡らしくておすすめできます。

 

フジノン 10×50 FMTR-SX - Hydrornisの日記 は限定用途で、

CANON 10X42L IS WP - Hydrornisの日記 もかなり特殊です。

SWAROVSKI EL8.5×42 SWAROVISION - Hydrornisの日記 の、

3大もののけ(←前のセリフは映画「もののけ姫」よりです。)

をはじめとする10万円超級の双眼鏡は素晴らしい見え味ですが

あまり標準的な販売価格ではないので、最初の一台として

選択するのはかなりの勇者に限られるのではないでしょうか。

 

実物を店舗の中に限って、それぞれを覗いて見くらべるのなら、

びっくりするほどの見え方にはならず、はっきりとわかるほどの

印象としては感じられないので、せっかく勇者になろうと決意した

方であれば、店員さんと一緒に外に出て見た方がいいと思います。

 

価格が高いことも、ある意味では性能の一部なのかも知れないけど、

「Birder」2003.03号に掲載されていた、KYOEI-BIRDの広告では、

SWAROVSKI EL8.5×42 WB は、定価¥180,000 → 特価¥153,000

となっていて、2003年のユーロ/円の平均レートが130円ぐらいで

今だと129円でほとんど変わらないのに、およそ2倍になっています。

 

たぶん、こういう細かいことを気にするような人は買わないから

あまり問題にしないと思いますが、NIKON 8×42 DCF HG の値段は

120,000円となっていて、今でもあんまり変動がない方が驚きです。

 

あとがきなのにまた、あらぬ方向にいってしまいました。

お値段のことはおいといて、高級双眼鏡のウィークポイントは、

少々重たいところで、わずかに100gほどですが気になります。

KOWA BD42-8XD PROMINAR - Hydrornisの日記 と仲間たちは

650g前後で、ぎりぎり使い続けることのできる42mm級なのも、

とても重要な要素なのです。その点では、MONARCH 5 8×42 の

590gというのはとってもすごいことで、軽量で準大口径なので

非常に難しい要求に応えることのできるほぼ唯一の双眼鏡です。

 

そんな感じで、ああでもない、こうでもないと考えている時間が

とっても大好きなので、あまり参考にはならないかもですけど、

上記でも説明しているように、何か一つだけでも強烈に惹かれる

ところがあれば、そのことだけでも十分過ぎる決め手なのです。

 

価値観は人によって違いますが、自らが選んで購入する大切な

双眼鏡にだめだしをするのは、とっても残念な行為ですから、

そんなことにならないためにも、ドーンと最初に40mm級が

いいかなと思って、選びにえらんで考えたリストなのです。

 

このクラスの双眼鏡なら、いつまでも使い続けることができるし

やっぱりちょっと大きいかなと思っても、20mm級ならいつでも

追加購入可能なので、順番として逆になるようなことはないです。

 

最後に、たった一つだけ懸念事項があります。

このクラスの双眼鏡を購入して覗いてしまった人は

自分の好きな時に自分の好きなものを良く見る歓びが

いかに贅沢なことであるかを知ってしまいます。

ただ見るだけしかできない道具なのですが、

双眼鏡の森はとても広くて深いです。